お知らせ

映画興行市場は今後5年間、年平均0.9%減の微減傾向。 ただし、2,000億円台を維持し、2020年は2,074億円になると予想

2016/02/03

2016~2020年の5年間の映画市場のマクロトレンドについて予測した「映画興行市場5年間予測(2016-2020年)レポート」を2016年2月2日に発行しました。


【1】映画興行市場の市場規模推計

2020年までの今後5年間について人口統計、映画鑑賞参加率・平均鑑賞本数・平均入場料金について公的調査、当社消費者調査に基づき推計した結果、映画市場規模は今後年平均0.9%減少となり、2020年で2,074億円と見込まれます。これは2015年に比べ4.5%減となり、2014年の市場規模と同程度の規模となります。
 

【2】ODS(非映画デジタルコンテンツ) ※市場の市場規模推計

録画、中継を含むODS市場全体は、今後5年間年率32%の成長となり、2020年は2015年の約4倍となる622億円市場まで成長すると見込まれます。うち映画興行市場にも含まれる録画はODS市場全体の49%で303億円と推計されます。これは映画興行市場の約15%を占める規模となります。また、映画興行市場規模には含まれない中継がODS市場の51%を占め318億円になると見込まれます。
※コンサート、演劇、オペラ、スポーツなど映画以外のコンテンツの映画館における上映
 

※単位未満を四捨五入のため、内訳の合計が総数に合わない場合があります。
※本推計は当社が行ったアンケート調査および日本映画産業統計、公的統計の公開情報を用いて分析を行っています。
※本推計においては2017年に実施予定の消費税引き上げによる影響は加味しておりません。
※本推計は、個別作品ごとの興行収入の積み上げによる予測ではなく、映画市場のマクロトレンドに注目した予測となります。

 

本レポートに関する詳細

レポートの目次や購入方法など、さらに詳しくはレポート詳細ページをご覧ください
 

レポート詳細ページへ


 


このお知らせに関するプレスリリース

映画興行市場は今後5年間、年平均0.9%減の微減傾向。ただし、2,000億円台を維持し、2020年は2,074億円になると予想(PDF)

 


あわせてご覧ください

[映画興行市場に関する調査結果] 映画興行市場は2017年~2021年まで2,200億円を上回る高い水準で横ばい傾向を見込む (2017/03/01)