定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査

定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査

自社での実施には費用も手間もかかるブランド・ロイヤリティ調査を、わかりやすいシンプルな構成で、リーズナブルにレポートします。また、各サービスの状況を毎月同じ指標で定点観測できるため、業界に関わるすべてのみなさまにご覧いただきたい「業界の今を知る」レポートです。

定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査の特徴
レポートの特長
変化を把握できる毎月のトラッキング調査
各サービスの浸透状況とブランドイメージの推移の把握
なぜ加入し、なぜ解約したのかの分析活用

調査対象は18サービス

  • ABEMAプレミアム
  • Amazonプライム・ビデオ
  • Apple TV+(アップルTVプラス)
  • DAZN
  • dTV
  • dアニメストア
  • FOD(FODプレミアム)
  • Hulu
  • J:COMオンデマンド
  • Netflix
  • Paravi
  • Rakuren TV
  • TSUTAYA TV
  • U-NEXT
  • アニメ放題
  • ディズニープラス
  • ひかりTVビデオサービス
  • TELASA
【サービス名:アルファベット順、五十音順】

とくに、こんな方々にご活用いただけます

▼ SVOD事業者様
自社をポジショニングすることで、広告宣伝やラインナップ強化など、次の打ち手につなげることができます。

▼ SVOD事業会社と取引する方
基礎資料や提案資料の素材として、有効にご活用いただけます。

レポート目次
【調査概要とまとめ】
  • 1) 調査概要
  • 2) 指標の定義
  • 3) 今月のまとめ
【ブランド分析】
  • 1. ブランド浸透度
    • 1-1. 認知・利用の状況、メディア露出と推計会員数(どの程度浸透し、会員を獲得できているか)
    • 1-2. 今月のメディア露出と前月差(前月と比べて、露出量は多いのか)
    • 1-3. 性別・年代別の利用状況(各性別/年代でどの程度利用者を獲得できているか)
    • 1-4. 性年代別の利用状況(各性年代でどの程度利用者を獲得できているか)
    • 1-5. 鑑賞コンテンツ別の利用状況(各コンテンツの鑑賞者を獲得できているか)
    • 1-6. 利用している鑑賞方法別の利用状況(SVOD以外の鑑賞方法を使っている人を獲得できているか)
  • 2. 新規利用者の獲得ポテンシャル
    • 2-1. 新規利用意向の状況(新規に利用したい人はどの程度いるか)
    • 2-2. サービス間の新規利用意向者の重なり(あるサービスの新規利用意向者は他にどのサービスに新規利用意向を持っているか)
    • 2-3. 新規利用意向の理由(どこに魅力を感じて新規利用意向を持ったのか)
    • 2-4. 新規利用を開始しない理由
    • 2-5. 試用者の継続意向(試用者は今後使い続けてくれるのか)
  • 3. ブランドイメージ
    • 3-1. 回答者全体におけるブランドイメージの状況(回答者全体にどのように思われているか)
    • 3-2. サービス認知者におけるブランドイメージの状況(サービスを知っている人にどのように思われているか)
    • 3-3. ブランドイメージが新規利用意向に与える影響(どのブランドイメージが新規利用意向につながりやすいか)
    • 3-4. サービス毎のブランドイメージのポジショニング(強みとなる/改善すべきブランドイメージは何か)
    • 3-5. ブランドイメージ毎のサービスのポジショニング(そのイメージを強みとしているサービスはどこか)
  • 4. 利用者の属性
    • 4-1. 性年代別構成比(利用者にはどの性年代が多いのか)
    • 4-2. 鑑賞コンテンツ別構成比(利用者は普段の生活の中でテレビやDVD視聴も含めてどんなコンテンツをよく見ているのか)
    • 4-3. 利用している鑑賞方法別構成比(利用者はSVOD以外にどんな方法で鑑賞しているのか)
【ロイヤリティ分析】
  • 1. 利用者のロイヤリティ
    • 1-1. 利用者の継続意向(利用者は今後使い続けてくれるのか)
    • 1-2. 併用状況(あるサービスの利用者は他にどのサービスを利用しているか、そのサービスのみ利用しているのはどの程度か)
【流出入分析】
  • 1. 加入状況
    • 1-1. 3ヶ月以内加入の状況(どの程度加入したのか)
    • 1-2. 加入者の流入元(加入者はSVODを新たに使い始めた人なのか、解約して乗り換えた人なのか)
    • 1-3. 流入元のサービス(どのサービスを解約した人が加入しているのか)
    • 1-4. 加入理由(何に魅力を感じて加入したのか)
  • 2. 解約状況
    • 2-1. 3ヶ月以内解約の状況(どの程度解約したのか)
    • 2-2. 解約者の流出先(解約者はSVOD自体の利用を止めたのか、他のSVODサービスを利用しているのか)
    • 2-3. 流出先のサービス(解約した人はどのサービスを現在利用しているのか)
    • 2-4. 解約理由(何が理由で解約したのか)
【サービス別詳細集計】
  • 1. 指標の推移
    • 1-1. ABEMAプレミアム
    • 1-2. Amazonプライム・ビデオ
    • 1-3. Apple TV+(アップルTVプラス)
    • 1-4. DAZN
    • 1-5. dTV
    • 1-6. dアニメストア
    • 1-7. FOD(FODプレミアム)
    • 1-8. Hulu
    • 1-9. J:COMオンデマンド
  • 1-10. Netflix
  • 1-11. Paravi
  • 1-12. Rakuten TV
  • 1-13. TSUTAYA TV
  • 1-14. U-NEXT
  • 1-15. アニメ放題
  • 1-16. ディズニープラス
  • 1-17. ひかりTVビデオサービス
  • 1-18. TELASA

仕様

  • 商品名
    • 定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査
  • 販売開始
    • 2017年1月
  • 提供ファイル
    • PDFファイル、Excelファイル
      (ExcelファイルにはPDFの内容に加えセグメント別の集計値を含む)
  • 商品バリエーション
    • 1. レポート(PDF)・セグメント別集計値(Excel)
    • 2. レポート(PDF)・英語版レポート(PDF)・セグメント別集計値(Excel)
  • ページ数
    • 83ページ
  • 調査方法
    • メール誘導でのインターネットアンケート
  • 調査実施日
    • 毎月下旬に実施
  • 調査対象サービスの追加アップデート履歴(1年以内)
    • ・FOD(FODプレミアム):2019年9月号から調査対象に追加
    • ・Apple TV+(アップルTVプラス):2019年12月号から調査対象に追加
  • 調査対象
    • 日本在住の15~69歳の男女
  • 回答者数
    • 毎回10,000人弱
  • 発行タイミング
    • 年12回(1月~12月、毎月15日発行)※15日が日曜・祝日の場合、翌営業日

価格

2020年1月号~12月号の年間購読契約:2,400,000円(税別)
2020年1月号~12月号の年間購読契約(英語版レポート付き):2,760,000円(税別)
※期中の購読開始も承っております。詳細はお問い合わせください。

商品資料(PDF版)

レポートイメージ

  • Thumb sample01 ver2
  • Thumb sample02 ver2
  • Thumb sample03
  • Thumb sample04 ver2
  • Thumb sample05

よくある質問

どのようなセグメントで分析できるのですか?
性年代、普段観ているコンテンツの種類、SVOD以外に利用している鑑賞方法別の3つのセグメントで分析しています。また、利用者同士の重複状況などサービス間の重なり具合についても分析しています。

アンケートの回答者数は何人ですか?
毎月の調査で、それぞれ1万人弱が回答者数になります。

いつ調査をしているのですか?
毎月、最後の週末に調査をしています。

回答者は毎回違う人なのですか?
毎回リフレッシュしており、少なくとも2ヶ月連続で回答することは禁止しています。

「Amazon」のプライム・ビデオについてはどのように調査をしていますか?
「Amazonプライム・ビデオ」という形で浸透度やブランドイメージについて調査しています。

新規利用意向の定義は?
現在、サービスを利用・試用していないが、今後そのサービスを利用したいと回答した人の割合です。
 

お申し込み方法

購読をご希望の方は、購入依頼フォームから見積書/購読申込書をご依頼ください。
また、レポートに関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

 購入依頼フォーム