記事

『鬼滅の刃』17週連続首位。ホラー2作『事故物件』、Netflix『今、私たちの学校は...』が初のTOP20入り~定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキングTOP20(2022年2月第1週)
公開日: 2022/02/10

定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキングTOP20
2022年2月第1週、対象期間:1月29日~2月4日
『鬼滅の刃』17週連続首位。
ホラー2作『事故物件』、Netflix『今、私たちの学校は...』
が初のTOP20入り
本記事はPDF形式でもご覧いただけます PDF形式の記事をダウンロード
記事の更新、商品リリースなど最新情報をご案内!メールマガジンに登録する

エンタメコンテンツランキングやデータ情報を発信する「GEMランキングクラブ」プロジェクトにて作成した2022年2月第1週の「定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキングTOP20(実査日:2022年2月5日、調査対象期間:1月29日~2月4日)」を発表します。

※ 視聴者数pt:下記の実査日において過去1週間以内にそのコンテンツを見た人の多さを示す

定額制動画配信サービス コンテンツ別週間ランキング全体TOP20(2022年2月第1週)
本ランキングは19の定額制動画配信サービス(ABEMAプレミアム、Amazonプライム・ビデオ、Apple TV+、dTV、dアニメストア、FOD、Hulu、J:COMオンデマンド、Netflix、Paravi、Rakuten TV、SPOOX、TELASA、TSUTAYA TV、U-NEXT、アニメ放題、ディズニープラス、バンダイチャンネル、ひかりTVビデオサービス)の視聴者数ptを横断して集計しています。

『鬼滅の刃』17週連続首位で怒涛の記録更新、『進撃の巨人』2位に返り咲き

TOP5は前週に続き漫画原作のコンテンツが独占するも、2位以下の順位が変動しました。1位は『鬼滅の刃』がランクイン。最新シリーズ「遊郭編」が放送・配信中のなか、2021年1月の調査開始以降で最長となる17週連続の首位獲得となりました。視聴者数ptは前週299ptから288ptへと減少しています。

2位に入ったのは最新シリーズ「The Final Season Part 2」が放送・配信中の『進撃の巨人』です。前週のランキングでは1ランク落として3位となりましたが、今週2位に返り咲きました。視聴者数ptも前週67ptから92ptと増加しています。

3位は『名探偵コナン』が獲得。前週17位からランクを上げて3位に入りました。2月2日(水)より、Amazonプライム・ビデオで「シーズン18」の配信が始まったことによる影響と推察されます。4位は前週同様に『呪術廻戦』がランクインしました。『劇場版 呪術廻戦 0』が大ヒット劇場公開中のなか、視聴者数ptは前週55ptから52ptとほぼ横ばいになりました。5位を獲得したのは『王様ランキング』です。Amazonプライム・ビデオで見放題独占配信中ですが、視聴者数ptは前週72ptから52ptと減少し、順位も前週2位からランクダウンしました。

ホラー2作『事故物件』、Netflix『今、私たちの学校は...』が初のTOP20入り

今週は、ホラーの2コンテンツが初のTOP20入りを果たしました。1つ目は、前週601位から10位に躍進した『事故物件 恐い間取り』です。2月1日(火)より、Amazonプライム・ビデオやNetflixなど、各サービスで見放題配信が始まった影響と考えられます。視聴者の内訳をみると、男女比は約4:6と若干の女性寄り、年代別では30代で高い視聴者数ptを集めました。

次に、前週145位から11位に浮上したNetflixオリジナルドラマ『今、私たちの学校は...』です。1月28日(金)にNetflixで独占配信が始まりました。公式発表によると、配信後3日間で全世界1億2,479万視聴時間を記録し、TV番組(非英語)部門において世界91カ国でTOP10に入るなど、世界的にも注目度の高い作品となります。男女比は約4:6と若干の女性寄り、年代別では20代と30代で高い視聴者数ptを集めました。

そのほか、今回が初めてではないもののTOP20入りを果たしたコンテンツが4つありました。前週33位から12位の『ガンダム』、前週46位から17位の『相席食堂』、前週85位から19位の『ハイキュー!!』、前週35位から20位の『銀魂』です。

男女別、年代別、過去データなどの詳細は「GEMランキングクラブ」で公開中

「GEMランキングクラブ」は、週次の調査に基づき集計しています(詳細は「調査概要」参照)。定額制動画配信サービス利用者全体の中で、どんなコンテンツが観られているのか、エンタメファンと事業者の参考としていただくことを目的とし、成長著しい定額制動画配信サービスと映像エンタテイメント産業の更なる発展に資することを目指しています。 「GEMランキングクラブ」へ

■定額制動画配信サービス コンテンツ別 調査概要

【調査方法】インターネットアンケート
【調査対象】日本在住の15~69歳の男女
【回答者数】各回 約7,000人
【数値重みづけ】総務省発表の人口統計を参考に回答者を性年代別に重みづけ
【集計方法】視聴したコンテンツについては自由回答方式で聴取。これをGEM Partners開発によるエンタメコンテンツ辞書を用いて名寄せ・集計を実施。コンテンツごとの視聴したシーズン数やエピソード数等は区別せず、一部でも観たと回答した人を視聴者としてカウント。また、劇場/テレビ版や海外/国内版も同一コンテンツとしてカウント(一部例外あり)。複数回観ても1カウントとしている。
※名寄せ辞書のアップデートに伴い、過去に遡って値が修正されることがあります

本記事はPDF形式でもご覧いただけます PDF形式の記事をダウンロード
記事の更新、商品リリースなど最新情報をご案内!メールマガジンに登録する
配信ランキング関連記事へ