ニュースリリース

[注目の調査結果] Amazonプライム・ビデオユーザーでは、配信レンタル/購入もAmazonを利用する「併用型」が増加

2016/12/09

映像コンテンツ視聴サービスを利用するユーザーとその利用実態に関する注目の調査結果


映像コンテンツ視聴サービスを利用するユーザーとその利用実態について分析した「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」を2016年11月に発行しました。その中から注目の調査結果をご報告します。

 

Amazonプライム・ビデオユーザーは、Amazonで作品ごとにもお金を支払って映像コンテンツを観ている


Amazonプライム・ビデオの利用率は、2015年10月に比べ2.8ptと大幅に増加し、回答者全体の4.3%となりました。

定額制動画配信サービス(SVOD)のAmazonプライム・ビデオユーザーについて、Amazonが提供するレンタル型動画配信(TVOD)と動画配信販売(EST)との併用状況を分析すると、Amazonプライム・ビデオのみを利用するユーザーが増えただけではなく、Amazonのレンタル型動画配信(TVOD)と動画配信販売(EST)をAmazonプライム・ビデオとあわせて利用するユーザー(図のオレンジの囲み部分)も増えていることがわかりました。

 

Amazonサービス内の併用状況

 


「Amazonプライム・ビデオでは観ることができない作品は、Amazonで作品ごとにお金を支払って観る」というAmazon内での使い分けが、Amazonプライム・ビデオユーザー内で浸透しつつあります。


<その他の調査結果>

 

映像コンテンツの有料視聴利用率:
昨年より利用率が上昇したのは定額制動画配信サービス(SVOD)とDVD・BDレンタルだけ

定額制で映像コンテンツを視聴するサービスにおいては「定額制動画配信サービス(SVOD)」だけが大きく上昇、一方で「有料放送」「DVD・BD定額レンタル」の利用率は下降し、ユーザーが映像コンテンツを定額制で観る際に利用する方法に大きな変化がありました。
レンタルにおいては、「DVD・BDレンタル」の利用率が昨年に比べ微増、「レンタル型動画配信(TVOD)」は減少という結果でした。

 

サービスカテゴリ別の1年間利用率

 

 

個別のサービスごとの利用率:
定額利用のサービスでは「Amazonプライム・ビデオ」の利用率が大きく上昇し、有料放送と並ぶ水準

大きく利用率が変化した定額制の利用について、個別のサービスごとに利用率を分析すると、「定額制動画配信サービス(SVOD)」のAmazonプライム・ビデオの利用率が大きく上昇していました。定額制サービスの中で利用率が高いサービスには依然として「有料放送」が多くなっていますが、Amazonプライム・ビデオの利用率は、ディズニー・チャンネルとBS日本映画専門チャンネルの間に位置し、「有料放送」のチャンネル並みの水準になっています。

 

定額制サービス利用率ランキング

 



■調査概要
【調査方法】インターネットアンケート
【調査実施日】2016年10月21日(金)~2016年10月26日(木)※前回は2015年10月3日~10月8日
【調査対象】日本在住の15~69歳の男女
【回答者数】14,678人(内、999人は「3章 動画配信サービス毎の利用実態深掘り」に関する質問に回答)
【数値の重みづけ】10歳刻み性年代の比率が、総務省統計局発表の人口推計(2015年9月1日時点の概算人口)と等しくなるように重み付けを行った
 
 


この調査に関するレポートについて

上記の調査結果を含む「動画配信/放送/ビデオソフト市場 ユーザー分析レポート」に関する詳しい説明は下記のページでご覧ください。
 

  •  


関連するプレスリリース


本リリースに関するお問い合わせ先

  • GEM Partners(ジェムパートナーズ)株式会社
    担当:坂井・前川
    電話:03-6303-1346 (平日10:00~19:00)
    メールアドレス:info@gempartners.com