記事

夏冬つないだ「君の名は。」
公開日: 2016/11/25

2016年11月25日付毎日新聞夕刊映画欄において掲載された記事の転載と、補足画像です。
(C) 2016 Warner Bros. Ent.  All Rights Reserved.Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.

(C) 2016 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.  Harry Potter and Fantastic Beasts Publishing Rights (C) JKR.  
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』 2016年11月23日公開

 

「君の名は。」は、累計興行収入190億円を超えた。かき入れ時の夏興行がほぼ終わった8月26日に公開された本作は、全体の興行が低めとなる秋の劇場を大いに沸かせた。再び劇場に人が集まる冬休み・年末年始が迫り、動員期待度の高い大作の公開が近づいてきた。現時点での作品浸透度をベースに、今後のランキング展開を予想してみよう。

 

【図】各作品の浸透度のポジションと2016年11月19日時点での公開週末土日興行収入シミュレーション値

 


「君の名は。」の1位を早速脅かしそうなのが、23日に公開が始まった「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」だ。12月に入って、それを追い落とす勢いを見せられるか注目が集まるのが10日公開の「海賊とよばれた男」。さらに翌週には、この冬の台風の目となりそうな「映画 妖怪ウォッチ空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の公開が控えている。

昨年も「妖怪ウォッチ」シリーズと「スター・ウォーズ」シリーズは同週の公開開始で、スタート時の勢いは、「妖怪ウォッチ」に軍配が上がった。翌週には人気ゲームシリーズの劇場版「バイオハザード:ザ・ファイナル」も公開され、まさに三つどもえだ。

しばらくは、1位がころころ変わる動きのある時期になりそうである。迎え撃つ「君の名は。」も注目され続けており、1位は明け渡すかもしれないが、腰の強いロングランになることが期待される。

(GEM Partners代表、梅津文)=毎月最終金曜日掲載
 

◆掲載元◆
毎日新聞: シネマの週末・データで読解 「夏冬つないだ「君の名は。」」 (毎日新聞2016年11月25日 東京夕刊)