「新型コロナウイルスの影響トラッキング調査」無料配布(会員様限定)

映画配給・興行会社様向け
新型コロナウイルスの影響
トラッキング調査レポート
無料配布(会員様限定)

GEM Partnersでは、新型コロナウイルスの影響を把握するために、エンタテイメント業界に特化した形で、2020年4月末から自主企画「新型コロナウイルスの影響トラッキング調査レポート」を継続的に実施しています。これまで弊社の商品である「CATS市場概況レポート+(プラス)」のご契約者様向けにご提供しておりましたが、映画・映像業界の皆様に広くご活用いただきたく、この度GEM Standard会員様向けに無償にてご提供することにいたしました。

本レポートは、「映画館での映画鑑賞」に特化した形で情報をまとめており、特に以下の把握にお役立ていただけます。

  • 新型コロナウイルスの流行による行動変化・影響
  • 自粛の必要性や映画館に対する意識変化
  • 映画館に必要な安全対策と浸透度

また、各回で独自のトピックスを深掘りしているのも特徴です(例:第5回「映画館の営業再開の浸透度、来場者の感想」)。

コロナ禍で不透明な状況ではございますが、本調査の客観的データが先行きを照らし、エンタテイメントビジネスが以前の活力を取り戻す一助になれれば幸いです。

※レポートのダウンロードはGEM Standard会員様限定となります。新規登録(無料)いただくとダウンロードいただけます。
未登録の方はこちら新規会員登録(無料)

調査概要

  • 第8回調査 No.1(11月7日実施)
    • 第1章 新型コロナウィルスの流行による行動変化・自粛や映画館に対する意識
    • 第2章 営業再開後の映画館への来場状況(映画年間1本以上鑑賞者)
    • 第3章 映画館に必要な安全対策(映画年間1本以上鑑賞者)
  • 第7回調査 No.1(10月10日実施)【日本語版・英語版】
    • 第1章 新型コロナウィルスの流行による行動変化・自粛や映画館に対する意識
    • 第2章 営業再開後の映画館への来場状況(映画年間1本以上鑑賞者)
    • 第3章 映画館に必要な安全対策(映画年間1本以上鑑賞者)
  • 第6回調査 No.1(8月22日実施)
    • 第1章 新型コロナウィルスの流行による行動変化・自粛や映画館に対する意識
    • 第2章 営業再開後の映画館への来場状況(映画年間1本以上鑑賞者)
    • 第3章 映画館に必要な安全対策(映画年間1本以上鑑賞者)
  • 第5回調査 No.2(7月11日実施)
    • 第1章 「前向き層」「ためらい層」「後ろ向き層」プロファイル
    • 第2章 映画館に対する意識
    • 第3章 映画館再開や取り組みの認知
  • 第5回調査 No.1(7月11日実施)
    • 第1章 新型コロナウィルスの流行による行動変化・自粛や映画館に対する意識
    • 第2章 映画館の営業再開の浸透と来場者の感想 映画年間1本以上鑑賞者
    • 第3章 映画館に必要な安全対策 映画年間1本以上鑑賞者
  • 第4回調査 No.2(6月13日実施)
    • 第1章 「前向き層」「ためらい層」「後ろ向き層」プロファイル
    • 第2章 映画館に対する意識
    • 第3章 映画館再開や取り組みの認知
    • 第4章 今後公開作品の劇場鑑賞意向
  • 第4回調査 No.1(6月13日実施)
    • 第1章 新型コロナウィルスの流行による行動変化・自粛や映画館に対する意識
    • 第2章 映画館の営業再開について(映画年間1本以上鑑賞者)
    • 第3章 動画配信サービスの利用状況
  • 第3回調査 No.2(5月23日実施)
    • 第1章 プロファイル
    • 第2章 自粛や映画館に対する意識
    • 第3章 映画館に必要な安全対策
    • 第4章 映画館に期待すること
  • 第3回調査 No.1(5月23日実施)
    • 第1章 新型コロナウィルスの流行による行動変化・影響
    • 第2章 自粛の必要性・緩和時期、その他いまの意識(映画館を危ないと感じる理由など)
    • 第3章 平常に戻った際の行動意欲・意識、映画館営業再開後について(必要だと思う取組など)
  • 第2回調査 No.2(5月9日実施)
    • 新型コロナウィルスの流行による行動変化・意識の性年代別の特徴
    • 新型コロナウィルスの流行による行動変化・意識の地域別の特徴
    • 今後公開予定作品の鑑賞意向
  • 第2回調査 No.1(5月9日実施)
    • 新型コロナウィルスの流行による行動変化・影響
    • 自粛の必要性・緩和時期、その他いまの意識(映画館を危ないと感じる理由など)
    • 平常に戻った際の行動意欲・意識、映画館営業再開後について(必要だと思う取組など)
  • 第1回調査 No.1(4月25日実施)
    • 新型コロナウィルスの流行による行動変化・影響
    • 自粛の必要性その他いまの意識
    • 平常に戻った際の行動意欲・意識

仕様

調査方法:インターネットアンケート
回答者抽出条件:全国に住む15-69歳の男女(映画鑑賞本数が年間0本の人も含む)
重みづけ:人口構成比(人口統計)、映画鑑賞本数で重みづけを実施(CATSのアンケート調査と同じ)
調査実施日・回収サンプル数
第1回:2020/4/25-27 スクリーニング調査(4,145サンプル)/本調査(509サンプル)
第2回:2020/5/9-11 スクリーニング調査(4,218サンプル)/本調査(585サンプル)
第3回:2020/5/23-25 スクリーニング調査(4,062サンプル)/本調査(532サンプル)
第4回:2020/6/13-15 スクリーニング調査(3,872サンプル)/本調査(519サンプル)
第5回:2020/7/11-13 スクリーニング調査(4,073サンプル)/本調査(523サンプル)
第6回:2020/8/22-24 スクリーニング調査(4,073サンプル)/本調査(510サンプル)
第7回:2020/10/10-12 スクリーニング調査(4,020サンプル)/本調査(512サンプル)
第8回:2020/11/7-9 スクリーニング調査(4,014サンプル)/本調査(986サンプル)

※レポートのダウンロードはGEM Standard会員様限定となります。新規登録いただくとダウンロードいただけます。
未登録の方はこちら新規会員登録(無料)
新型コロナ関連ページ 新型コロナウイルスGEM Standard特設ページ(毎週更新) 『TENET』『ヴァイオレット』“GoTo映画館”訴求力の高いヒットスタート(2020/09/25) コロナウイルスと「特別な夏」映画興行の消費者心理(2020/08/28) 映画館のコロナ対策に「安心した」と84%が回答 ウィズコロナの夏のレジャーとして新作映画に期待(2020/08/04) 営業再開した映画館で観たい新作は 『鬼滅の刃』と『コンフィデンスマンJP』(2020/07/02) 『鬼滅の刃』『愛の不時着』と「Amazonプライム・ビデオ」がステイホーム下の動画配信人気をけん引(2020/06/29) 『鬼滅の刃』が「動画配信作品 人気ランキング」と「観たい新作映画 ランキング」のどちらも1位を獲得(2020/06/26) 劇場鑑賞への意識・意向の変化のなか、営業再開の周知が求められる(2020/06/26) 映画鑑賞行動への自粛意識と営業再開に向けた意欲度(2020/05/29) エンタテイメントへの自粛意識と飢餓感~新型コロナウイルスの流行を受けて~(2020/05/21) 商品・サービス 映画製作・興行・配給・宣伝向け分析サービス「CATS ホームエンタテイメント向け分析サービス「BIRDS 個別リサーチ&マーケティングソリューション「DOGS デジタルマーケティング実行&分析「PANDA