注目の調査結果

[注目の調査結果] 続編を「絶対映画館で観る」ランキングトップ10 (2018年7月7日~7月8日実査版)

2018/07/20

「作品別 ポストサーベイレポート」2018年7月7日~7月8日実査版より

弊社が発行している劇場鑑賞者調査「ポストサーベイレポート」(2018年7月7日~7月8日実査版)の調査結果より、続編に対して「絶対映画館で観る」と回答した割合が高かった作品をランキングの形でご紹介いたします。

今回調査作品* の鑑賞者の続編鑑賞意向** トップ10

1位:『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 - 2018年4月27日公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ)
2位:『デッドプール2』 - 2018年6月1日公開(20世紀フォックス)
3位:『コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道』 - 2018年5月26日公開(ショウゲート)
4位:『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』 - 2018年4月13日公開(東宝)
5位:『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』 - 2018年6月29日公開(ウォルト・ディズニー・スタジオ
6位:『娼年』 - 2018年4月6日公開(ファントム)
7位:『ママレード・ボーイ』 - 2018年4月27日公開(ワーナー・ブラザース)
8位:『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』 - 2018年5月5日公開(松竹)
9位:『GODZILLA 決戦機動増殖都市』 - 2018年5月18日公開(東宝映像事業部)
10位:『パシフィック・リム:アップライジング』 - 2018年4月13日公開(東宝東和)


* 2018年4月6日~2018年6月30日の期間に公開された以下の作品 
** 続編を「絶対映画館で観る」と回答した割合 

◆今回調査作品*一覧
 

【2018年4月公開作品】
『娼年』『パシフィック・リム:アップライジング』『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』『いぬやしき』『レディ・プレイヤー1』『リズと青い鳥』『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』『となりの怪物くん』『ママレード・ボーイ』

【2018年5月公開作品】
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』『ホース・ソルジャー』『ラプラスの魔女』『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』『孤狼の血』『GODZILLA 決戦機動増殖都市』『のみとり侍』『ピーターラビット』『ランペイジ 巨獣大乱闘』『ゲティ家の身代金』『犬ヶ島』『妻よ薔薇のように 家族はつらいよIII』『友罪』『恋は雨上がりのように』『コードギアス 反逆のルルーシュIII 皇道』

【2018年6月公開作品】
『50回目のファーストキス』『OVER DRIVE』『デッドプール2』『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』『万引き家族』『羊と鋼の森』『終わった人』『メイズ・ランナー:最後の迷宮』『ワンダー 君は太陽』『空飛ぶタイヤ』『焼肉ドラゴン』『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』『パンク侍、斬られて候』


* 2018年4月6日~2018年6月30日の期間に公開された上記の作品 

 

この調査について

今回の調査結果は弊社が発行する「作品別 ポストサーベイレポート」をもとにしています。

続編鑑賞意向だけでなく、劇場公開された作品の鑑賞者の属性、満足度・続編意向、鑑賞行動・動機とともに、「作品を認知しているが観てない人」の属性やその理由もわかるレポートです。

1作品あたり、CATS市場概況レポートの年間ご契約企業様は20,000円(税別)、ご契約のない企業様は50,000円(税別)でご購入いただけます。詳しくはレポート詳細ページをご覧ください。

レポートのサンプルとして『本能寺ホテル』のレポートを無料でダウンロードいただけます。