注目の調査結果

[注目の調査結果] 満足度ランキング、上位争いを僅差で制したのは『コンフィデンスマンJP』

2019/07/05

Image01

「作品別 ポストサーベイレポート」(2019年6月15日~6月16日実査)より満足度ランキング公開

弊社が発行している劇場鑑賞者調査「作品別 ポストサーベイレポート」の調査結果より、調査対象40作品(2019年3月21日~2019年6月7日公開)のなかで作品鑑賞者の「満足度」が高かった作品をランキングの形でご紹介いたします。

 

今回のランキングで1位となったのは、人気テレビドラマの劇場版『コンフィデンスマンJP』。次いで2位は動員ランキング4週連続首位と好調の『アラジン』。そして3位は漫画原作の実写映画『キングダム』となりました。

 

1位の『コンフィデンスマンJP』から6位の『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』までの鑑賞者満足度を見ると、各順位の差は1%前後と非常に小さいです。さらに、1位と6位の満足度の差が4%程度しかないことから、上位は僅差の争いだったことがうかがえます。

 

4位以下のランキングは下記の通り。

鑑賞者満足度*トップ10

1位
コンフィデンスマンJP
5月17日公開
東宝
2位
アラジン
6月7日公開
ウォルト・ディズニー・スタジオ
3位
キングダム
4月19日公開
東宝
4位
アベンジャーズ/エンドゲーム
4月26日公開
ウォルト・ディズニー・スタジオ
5位
名探偵ピカチュウ
5月3日公開
東宝
6位
名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)
4月12日公開
東宝
7位
プロメア
5月24日公開
東宝映像事業部
8位
映画 賭ケグルイ
5月3日公開
GAGA
9位
映画 少年たち
3月29日公開
松竹
10位
ブラック・クランズマン
3月22日公開
パルコ
* 作品鑑賞者が「満足/少し満足/どちらでもない/少し不満/不満」の中から「満足」と回答した割合

◆今回調査作品**一覧◆

【2019年3月公開作品】
『L♡DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』『PRINCE OF LEGEND』『バンブルビー』『ブラック・クランズマン』『ダンボ』『映画 少年たち』

【2019年4月公開作品】
『バイス』『麻雀放浪記2020』『ハロウィン』『ハンターキラー 潜航せよ』『多十郎殉愛記』『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』『キングダム』『シャザム!』『愛がなんだ』『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン~失われたひろし~』『劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』『アベンジャーズ/エンドゲーム』『バースデー・ワンダーランド』

【2019年5月公開作品】
『映画 賭ケグルイ』『名探偵ピカチュウ』『チア男子!!』『ラ・ヨローナ ~泣く女~』『甲鉄城のカバネリ 海門決戦』『轢き逃げ 最高の最悪な日』『うちの執事の言うことには』『コンフィデンスマンJP』『レプリカズ』『居眠り磐音』『プロメア』『空母いぶき』『小さな恋のうた』『貞子』『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』『パラレルワールド・ラブストーリー』『長いお別れ』

【2019年6月公開作品】
『アラジン』『スノー・ロワイヤル』『海獣の子供』『町田くんの世界』

**2019年3月21日~2019年6月7日の期間に公開された上記の作品
この調査について

今回の調査結果は弊社が発行する「作品別 ポストサーベイレポート」をもとにしています。

続編鑑賞意向だけでなく、劇場公開された作品の鑑賞者の属性、満足度・続編意向、鑑賞行動・動機とともに、「作品を認知しているが観てない人」の属性やその理由もわかるレポートです。

1作品あたり、CATS市場概況レポートの年間ご契約企業様は20,000円(税別)、ご契約のない企業様は50,000円(税別)でご購入いただけます。詳しくはレポート詳細ページをご覧ください。

サンプルとして『本能寺ホテル』のレポートを無料でご提供!