記事

第6回:Amazonプライム・ビデオの技術力に裏打ちされた信念「すべてのコンテンツには視聴者がいる」
公開日: 2022/08/12

ハリウッドのトップマーケッターが語るエンタテイメントマーケティング最前線2022(6)
ハリウッドのトップマーケッターが語る
エンタテイメントマーケティング最前線2022 第6回
Amazonプライム・ビデオの
技術力に裏打ちされた信念
「すべてのコンテンツには視聴者がいる」

2022年5月、米カリフォルニア州ロサンゼルスでリアルとオンラインのハイブリッド開催を行った“Variety Entertainment Marketing Summit”より、各スタジオのトップマーケッターが登壇したパネルディスカッション“Meet the Masters Keynote Roundtable”をレポートします。

モデレーター:
クラウディア・エラー(Claudia Eller)
バラエティ(Variety)誌 編集長

パネリスト:
ジョシュ・グリーンスタイン(Josh Greenstein)
ソニー・ピクチャーズ モーション ピクチャー グループ(Sony Pictures Motion Picture Group):プレジデント

ウコンワ・オジョ(Ukonwa Ojo)
Amazon プライム・ビデオ(Amazon Prime Video)兼Amazonスタジオ(Amazon Studios):チーフ・マーケティング・オフィサー

マイケル・モーゼス(Michael Moses)
ユニバーサル・ピクチャーズ(Universal Pictures):チーフ・マーケティング・オフィサー

特集連載第6回は、ソーシャルメディアの分析手法に焦点を当てました。Amazonのチーフ・マーケティング・オフィサー、ウコンワ・オジョ氏が、同社が掲げる信念と目標に基づいて、いかにしてキャンペーンの最適化を行い、適切な視聴者に届けているのかを明かします。
※本記事で触れられている内容は2022年5月時点の情報です

《目次》
 

TikTokなどソーシャルメディア上のシグナルから施策の効果を探る

 モデレーター
TikTokについて触れましたが、ソーシャルメディアとキャンペーンの関係について教えてください。どの程度重要なのでしょうか。そしてどのような課題があるのでしょうか。ウコンワさん、お聞かせいただけますか。

 ウコンワ・オジョ(Amazon プライム・ビデオ兼Amazonスタジオ、以下Amazon)
私たちにとって、ソーシャルメディアは非常に重要です。既存IPについて調査する際、そのIPのコミュニティはソーシャルメディア上で活動していることが多く、キャンペーンが軌道に乗っているかどうかをすぐに確認できます。たとえローンチ前であっても、コミュニティ全体だけでなく、コミュニティ内のインフルエンサーとの関係を構築できるのです。そして、早い段階から彼らと深く関わり、キャンペーンをともに進めることも可能です。これは本当に重要なことだと思います。

そして、ティーザーや予告編、アートビジュアルなどの発表時に……(以下、会員限定記事にて掲載)

※本記事はGEM Standard会員様限定となります。
新規登録(無料)いただくと閲覧いただけます。

未登録の方はこちら新規会員登録(無料)
会員様はこちら記事を読む※パスワードを忘れた方はこちら