注目の調査結果

[注目の調査結果] 『ボヘミアン・ラプソディ』が満足度で他作品を圧倒!

2019/01/18

「作品別 ポストサーベイレポート」2018年12月29日~12月30日実査版より

弊社が発行している劇場鑑賞者調査「ポストサーベイレポート」(2018年12月29日~12月30日実査版)の調査結果より、作品鑑賞者の「満足度」が高かった作品をランキングの形でご紹介いたします。

トップ3は、1位『ボヘミアン・ラプソディ』、2位『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』、3位『ヴェノム』となりました。

上位の作品は他作品と比べ、高い鑑賞者満足度を示しており、1位の『ボヘミアン・ラプソディ』は80%台、2位の『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』は60%台という結果となりました。1位と2位の差が大きく開いていることから、『ボヘミアン・ラプソディ』が圧倒的な満足度を獲得していることがわかります。4位以下のランキングは下記の通り。

鑑賞者満足度*トップ10

1位
ボヘミアン・ラプソディ
11月9日公開
20世紀フォックス
2位
劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~
9月29日公開
アニプレックス
3位
ヴェノム
11月2日公開
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
4位
シュガー・ラッシュ:オンライン
12月21日公開
ウォルト・ディズニー・スタジオ
5位
旅猫リポート
10月26日公開
松竹
6位
あの頃、君を追いかけた
10月5日公開
キノフィルムズ
7位
ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
11月23日公開
ワーナー・ブラザース
8位
search/サーチ
10月26日公開
ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
9位
日日是好日
10月13日公開
東京テアトル/ヨアケ
10位
あのコの、トリコ。
10月5日公開
ショウゲート
* 作品鑑賞者が「満足/少し満足/どちらでもない/少し不満/不満」の中から「満足」と回答した割合

◆今回調査作品*一覧◆

【2018年9月公開作品】
『コーヒーが冷めないうちに』『パパはわるものチャンピオン』『死霊館のシスター』『食べる女』『クワイエット・プレイス』『散り椿』『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』

【2018年10月公開作品】
『あのコの、トリコ。』『あの頃、君を追いかけた』『パーフェクトワールド 君といる奇跡』『モンスターストライク THE MOVIE ソラノカナタ』『ルイスと不思議の時計』『宇宙の法 ー黎明編ー』『音量を上げろタコ! なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』『日日是好日』『デス・ウィッシュ』『億男』『search/サーチ』『旅猫リポート』

【2018年11月公開作品】
『ビブリア古書堂の事件手帖』『ヴェノム』『スマホを落としただけなのに』『走れ!T校バスケット部』『ういらぶ。』『ボヘミアン・ラプソディ』『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』『人魚の眠る家』『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』『かぞくいろ ーRAILWAYS わたしたちの出発ー』『くるみ割り人形と秘密の王国』

【2018年12月公開作品】
『おとなの恋は、まわり道』『来る』『グリンチ』『ドラゴンボール超 ブロリー』『映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS』『春待つ僕ら』『アリー/スター誕生』『シュガー・ラッシュ:オンライン』『ニセコイ』

*2018年9月21日~2018年12月21日の期間に公開された上記の作品
この調査について

今回の調査結果は弊社が発行する「作品別 ポストサーベイレポート」をもとにしています。

続編鑑賞意向だけでなく、劇場公開された作品の鑑賞者の属性、満足度・続編意向、鑑賞行動・動機とともに、「作品を認知しているが観てない人」の属性やその理由もわかるレポートです。

1作品あたり、CATS市場概況レポートの年間ご契約企業様は20,000円(税別)、ご契約のない企業様は50,000円(税別)でご購入いただけます。詳しくはレポート詳細ページをご覧ください。

サンプルとして『本能寺ホテル』のレポートを無料でご提供!