注目の調査結果

[劇場鑑賞者調査]満足1位は『侍の名のもとに』、感動を求める野球コアファンが鑑賞

2020/06/05

Post surbvey main

「作品別 ポストサーベイレポート」より作品鑑賞者「満足」ランキング公開

弊社が発行している劇場鑑賞者調査「作品別 ポストサーベイレポート」(2020年5月16日~5月17日実査)の調査結果より、調査対象35作品(2020年2月7日~2020年3月20日公開)のなかで、作品鑑賞者が「満足/少し満足/どちらでもない/少し不満/不満」の中から「満足」と回答した割合の高かった作品をランキング形式で公開します。

 

 

満足ランキングTOP3は『侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~』
『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』

 

今回調査した35作品中、「満足」と回答した割合が最も高かったのは、野球日本代表チーム「侍ジャパン」に密着したドキュメンタリー映画『侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~』でした。そして、2位は『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』、3位は『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』と続きます。

 

レポートによると、『侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~』の鑑賞者は、約8割が男性です。さらに性年代別に見ると、特にM1層の割合が高めです。 また、本作を“観た理由”として「設定・テーマが良さそうだった」「好きなジャンルの作品だった」「感動しそうだった」の割合が高く、特に「感動しそうだった」と回答する割合が、同時期作品平均の約2倍となっています。 さらに、“鑑賞者の行動”では、「前売りチケットを買った」と回答した鑑賞者が約50%であることから野球コアファンが反応したことがうかがえます。このことから、本作は、野球コアファンである男性(特にM1層)が、感動を求めて鑑賞する傾向の強い作品であったことが分かります。

また、2位の『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』と、3位の『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』の“観たかったが観ていない理由”をみると、 どちらの作品も「新型コロナウイルスにより映画館に行くことや外出を自粛/気分にならなかった」と答える割合が、同時期公開作品平均を上回っています。 このことから、両作品ともにより強く新型コロナウイルスの影響を受け、鑑賞行動を制限されてしまった作品であることが伺えます。

このように、「ポストサーベイレポート」では、作品鑑賞者の属性や鑑賞理由を把握できます。また、今回追加された35作品のレポートからは、新型コロナウイルスの影響も読み取ることが可能です。
 

▼レポートにおける年代の定義
MT:男性15-19歳、M1:男性20-34歳、M2:男性35-49歳、M3:男性50-69歳
FT:女性15-19歳、F1:女性20-34歳、F2:女性35-49歳、F3:女性50-69歳

 

4位以下のランキングは下記の通り。

作品鑑賞者「満足」*ランキングトップ10

1位
侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~
20年2月7日公開
アスミック・エース
2位
Fukushima 50(フクシマフィフティ)
20年3月6日公開
松竹/KADOKAWA
3位
恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!
20年2月21日公開
ユナイテッド・シネマ
4位
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey
20年3月20日公開
ワーナー・ブラザース
5位
1917 命をかけた伝令
20年2月14日公開
東宝東和
6位
貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-
20年3月13日公開
東宝
7位
デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆
20年2月21日公開
東映
8位
劇場版 SHIROBAKO
20年2月29日公開
ショウゲート
9位
グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
20年2月14日公開
キノフィルムズ
10位
スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
20年2月21日公開
東宝

 

作品鑑賞者が「満足/少し満足/どちらでもない/少し不満/不満」の中から「満足」と回答した割合です

レポート内では満足度ランキングとして「満足」~「不満」にスコアを割振りした順位を表記しております。上記ランキングとは異なりますので、ご注意ください。


上記のほかにも、“観たかったが観ていない理由”や“観たくならなかった理由”、「気分転換」「家族サービス」などの“映画に何を求める人が観たのか”も分かるレポートになっています。

 

作品ごとの振り返りだけではなく、今後の作品のプランニングにおける“基礎資料”としても、お客様よりご好評いただいています。ひと目で把握できるよう2ページでコンパクトにまとめられておりますので、この機会にぜひご検討ください。

 


◆今回調査作品**一覧◆

【2020年2月公開作品】
『グッドライアー 偽りのゲーム』『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』『ヲタクに恋は難しい*』『犬鳴村*』『侍の名のもとに~野球日本代表 侍ジャパンの800日~』『1917 命をかけた伝令*』『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』『影裏』『Red』『スキャンダル』『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』『チャーリーズ・エンジェル』『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』『ミッドサマー』『恐竜超伝説 劇場版ダーウィンが来た!』『名もなき生涯』『映画 ねこねこ日本史 ~龍馬のはちゃめちゃタイムトラベルぜよ!~』『L.O.L. サプライズ! ウィンターディスコ ザ・ムービー』『エスケープ・ルーム』『スケアリーストーリーズ 怖い本』『架空OL日記』『黒い司法 0%からの奇跡』『初恋』『野性の呼び声』『劇場版 SHIROBAKO』

【2020年3月公開作品】
『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』『ジュディ 虹の彼方に』『仮面病棟』『劇場版 おいしい給食 Final Battle』『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』『貴族降臨 -PRINCE OF LEGEND-』『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey』『一度死んでみた』『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』『弥生、三月 -君を愛した30年-』

*   公開直後(前回調査)と公開後3ヶ月経過時点(今回調査)の差を比較するため、2回調査を実施しています
** 2020年2月8日~2020年2月14日の期間に公開された上記の作品
この調査について

今回の調査結果は弊社が発行する「作品別 ポストサーベイレポート」をもとにしています。

1作品あたり、CATS市場概況レポートの年間ご契約企業様は20,000円(税別)、ご契約のない企業様は50,000円(税別)でご購入いただけます。詳しくはレポート詳細ページをご覧ください。

サンプルとして『本能寺ホテル』のレポートを無料でご提供!