ニュースリリース

定額制動画配信サービス「テーマに沿った特集が良さそう」と思われているランキング - 2017年8月

2017/08/16

定額制動画配信サービスイメージランキング
~「定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査」2017年8月号より~


弊社が毎月発行している「定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査」から、各サービスのブランドイメージ分析のうち、1つの指標をピックアップしてランキング形式で公開します。(「3.ブランドイメージ 3-1.回答者全体におけるブランドイメージの状況」より)

2017年8月は、各サービスのラインナップに対するイメージの中から「テーマに沿った特集が良さそう」と回答した人が多かったサービスをランキング形式にしました。

ランキングの結果は、3ヶ月連続「Hulu」が1位となっており、2位「Amazonプライム・ビデオ」、3位「dアニメストア」と続いています。さらに4位には、前月からランクを4つ繰り上げ「TSUTAYA TV」がランクインしました。

 

※順位のもととなる数値はそれぞれの月の前月末の調査の値

 

このランキングにおける調査対象のサービス

Abemaビデオ(プレミアムプラン)|Amazonプライム・ビデオ|dTV|dアニメストア|Hulu|J:COMオンデマンド|Netflix|TSUTAYA TV|U-NEXT|アニメ放題|ひかりTVビデオサービス|ビデオパス|プレミアムGYAO!|Rakuten TV(旧:楽天SHOWTIME)【サービス名五十音順

調査概要

【調査方法】メール誘導でのインターネットアンケート

【調査実施日】毎月下旬に実施
【調査対象】日本在住の15~69歳の男女
【回答者数】毎回10,000人弱



各順位、どれくらい開きがあるの?

  ページでは順位のみを公開していますが、それぞれの値や各サービスの利用者属性などの詳細は「定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査」レポートに毎月最新の数値を掲載しています。



このランキングのデータが掲載されているレポート



あわせてご覧ください

「定額制動画配信サービス ブランド・ロイヤリティ調査」から注目の調査結果