注目の調査結果

[劇場鑑賞者調査]ポストサーベイ調査で満足度1位は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』

2021/02/05

Post surbvey main

「作品別 ポストサーベイレポート」より作品鑑賞者「満足」ランキング公開

劇場鑑賞者調査「作品別 ポストサーベイレポート」(2021年1月9日~1月10日実査)の調査結果より、作品鑑賞者が「満足/少し満足/どちらでもない/少し不満/不満」の中から「満足」と回答した割合の高かった作品をランキング形式で公開します。調査対象作品は、2020年9月25日~2021年1月1日に公開された40作品です。

 

 

満足ランキングTOP3は『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『浅田家!』『461個のおべんとう』

 

今回調査した40作品中、「満足」と回答した割合が最も高かったのは、歴代興収1位の話題作『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』でした。以降、2位に『浅田家!』、3位に『461個のおべんとう』がランクインしました。

 

本レポートでは鑑賞者属性を調査しており、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は、男女ともに同程度の割合で、性年代別では男性はM2層、女性はF1層の割合が高めとなりました。また、本作の“続編があった場合の鑑賞意向”は、8割以上が「映画館で絶対観たい」または「映画館で観たい」と回答しています。同時期公開作品の数値と比べても大幅に上回る値であることから、本作は続編も、強く待ち望まれていることが数値として読み取れます。
一方、『浅田家!』の鑑賞者は約6割が女性、『461個のおべんとう』はやや女性の割合が高くなっています。2作品の“観た理由”をみると「俳優・女優が良かった」と回答する割合が高いことから、どちらもキャストのファン層が多く動員したことが伺えます。

また、現在はコロナ禍であることから“観たかったが観ていない理由”に「新型コロナにより映画館に行くことや外出を自粛/気分にならなかった」という項目を追加しています。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』では、作品を鑑賞していない人の約7割が本項目を選択。歴代興収1位を記録した本作でも、新型コロナウイルスの影響を受けていることが分かります。

このように、「ポストサーベイレポート」では、作品鑑賞者の属性や鑑賞理由を把握できます。また、今回追加された40作品のレポートからは、新型コロナウイルスの影響も読み取ることが可能です。
 

▼レポートにおける年代の定義
MT:男性15-19歳、M1:男性20-34歳、M2:男性35-49歳、M3:男性50-69歳
FT:女性15-19歳、F1:女性20-34歳、F2:女性35-49歳、F3:女性50-69歳

 

4位以下のランキングは下記の通り。

作品鑑賞者「満足」*ランキングトップ10

1位
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編
20年10月16日公開
東宝/アニプレックス
2位
浅田家!
20年10月2日公開
東宝
3位
461個のおべんとう
20年11月6日公開
東映
4位
ミッドナイトスワン
20年9月25日公開
キノフィルムズ
5位
魔女見習いをさがして
20年11月13日公開
東映
6位
劇場版ポケットモンスター ココ
20年12月25日公開
東宝
7位
滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie
20年12月4日公開
松竹
8位
天外者(てんがらもん)
20年12月11日公開
ギグリーボックス
9位
きみの瞳が問いかけている
20年10月23日公開
ギャガ
10位
STAND BY ME ドラえもん2
20年11月20日公開
東宝

 

作品鑑賞者が「満足/少し満足/どちらでもない/少し不満/不満」の中から「満足」と回答した割合です。
レポート内では満足度ランキングとして「満足」~「不満」にスコアを割振りした順位を表記しております。上記ランキングとは異なりますので、ご注意ください。


上記のほかにも、“観たかったが観ていない理由”や“観たくならなかった理由”、「気分転換」「家族サービス」などの“映画に何を求める人が観たのか”も分かるレポートになっています。

 

作品ごとの振り返りだけではなく、今後の作品のプランニングにおける“基礎資料”としても、ご好評いただいています。ひと目で把握できるよう2ページでコンパクトにまとめておりますので、この機会にぜひご検討ください。

 


◆今回調査作品*一覧◆

【2020年9月公開作品】
『ミッドナイトスワン』『映画『映像研には手を出すな!』』

【2020年10月公開作品】
『トロールズ ミュージック★パワー』『浅田家!』『82年生まれ、キム・ジヨン』『星の子』『望み』『スパイの妻』『みをつくし料理帖』『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』『夜明けを信じて。』『きみの瞳が問いかけている』『空に住む』『朝が来る』『とんかつDJアゲ太郎』『罪の声』

【2020年11月公開作品】
『461個のおべんとう』『おらおらでひとりいぐも』『羅小黒戦記 ぼくが選ぶ未来』『ドクター・デスの遺産 -BLACK FILE-』『ホテルローヤル』『水上のフライト』『魔女見習いをさがして』『STAND BY ME ドラえもん2』『10万分の1』

【2020年12月公開作品】
『サイレント・トーキョー』『滝沢歌舞伎 ZERO 2020 The Movie』『魔女がいっぱい』『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering;Agateram 』『新解釈・三國志』『天外者(てんがらもん)』『ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』『ワンダーウーマン 1984』『私をくいとめて』『約束のネバーランド』『HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”』『ジョゼと虎と魚たち』『映画 えんとつ町のプペル』『劇場版ポケットモンスター ココ』

【2021年1月公開作品】
『新感染半島 ファイナル・ステージ』

2020年9月25日~2021年1月1日の期間に公開された上記の作品
この調査について

今回の調査結果は弊社が発行する「作品別 ポストサーベイレポート」をもとにしています。

1作品あたり、CATS市場概況レポートの年間ご契約企業様は20,000円(税別)、ご契約のない企業様は50,000円(税別)でご購入いただけます。詳しくはレポート詳細ページをご覧ください。

サンプルとして『本能寺ホテル』のレポートを無料でご提供!