記事

Netflixが描く映画業界の未来~Netflix映画部門トップ基調講演~
公開日: 2020/01/24

Netflixが描く映画業界の未来
~Netflix映画部門トップ基調講演~
Introduction

 

2019年11月にロサンゼルスで開催されたカンファレンス“Variety's INNOVATE”より、Netflix映画部門トップ、スコット・ステューバー氏による基調講演“Keynote Conversation with Netflix Films' Scott Stuber”をレポートします。同氏は、劇場公開の推進理由、興行会社との対立状況、それに伴う賞レースに参加することの意味などに言及。さらに同社があまり開示しない会員数や視聴回数データに関してもその理由や今後についても明かしました。

第92回アカデミー賞で、『アイリッシュマン』『マリッジストーリー』を筆頭に計24部門のノミネートを獲得し、業界での存在感を強く印象づけたNetflix。SVOD(定額制動画配信サービス)のみにとどまらない、同社が思い描く映画業界の未来とは……。

 

モデレーター:
クラウディア・エラー(Claudia Eller)
米Variety紙編集長

基調講演者:
スコット・ステューバー(SCOTT STUBER)
ネットフリックス(Netflix) 映画部門責任者
― Netflix映画部門の企画、製作、買付を担当。同社作品で手掛けたのは『ROMA/ローマ』『バード・ボックス』など。元Universal Studiosのワールドワイド製作部門副会長。

 

特集目次

 

第6回 映画業界全体の未来に向けて近日公開
~あらゆる映画や才能に機会を~